*

【告知】福島TRPG同好会コンベンション

公開日: :


イベント詳細


や、どーも。なかむらです。
前回のコンべから告知が遅れて申し訳ありませんでした。できる限り遅れないよう気をつけますのでこれからもどうかよろしくお願いします。

●日時:2015年8月30日(日)

●場所:福島市民会館4階音楽室

●参加費:500円

●内容:TRPGフリープレイ

●タイムテーブル
 午前9時:開場、参加受付

 午前10時:開会式

 午前10時30分:プレイ開始
 ※トイレ、昼食等の休憩は各卓でとるようにして下さい

 午後17時:閉会式~フリータイム

 午後21時:会場撤収

 GM希望の方は、事前に当日プレイするシステムやシナリオについての説明をコメント欄に書いていただけると参加者の方々も準備ができ、大変助かります。
 また、当日飛び込みGMを受け付けています。

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


4 × 四 =

  1. 皆川 より:

    皆川でございます。
    挨拶もそぞろで恐縮でありますが、8月30日の予告でございます。

    システムはソードワールド2.0で、リプレイ集モンスター☆ハッカーズ付属ミニサプリ「地下王国ペイルローフ」を遊んでみようと思います。
    希望人数は2~5人、18時終了を予定しております。
    ルールとデータは、基本ルールブックⅠ~Ⅲ、アルケミストワークス、リプレイ集モンスター☆ハッカーズ付属ミニサプリ「地下王国ペイルローフ」を使用します。
    キャラクターの作成は、下記でお願い致します。
    種族と技能は、上記使用データの範囲で。
    経験値は、生まれ表+3000点。
    能力値成長は5回。
    所持金は、初期所持金+3000ガメル。
    名誉点は150点。
    持ち込みについては、上記による事前作成のみと云う事で御容赦ください。
    シナリオと云うより進行は、ミニサプリに設定されている目的の達成では無く、ミニサプリの特色であるパートナー幻獣の育成や拠点の運営・発展等をのんびり楽しむと云う方向でいきたいと思います。
    その他諸々の詳細については、当日と云う事で御容赦ください。

    それでは、相変わらずの取り急ぎの乱文を御詫びしつつ、失礼致します。

  2. なかむら より:

    や、どーも。なかむらです。皆さん、体調管理は大丈夫でしょうか。
    まあ挨拶もそこそこに。今回は、30日のコンベンションにGMとして立候補します。久しぶりにサプリも発売されたビーストバインドトリニティをやりたいなどと思う次第です。
    募集人数は3~5人 終了予定は午後18時を見込んでおります。
    必要なものは筆記用具と6面体ダイス2~10個。ルールブックについてはアドヴェントまで使用しますが、こちらは特に必須という訳ではありません。基本クイックスタート推奨ですが事前にキャラを作成して持ち込むことも可能です……もっとも、GMと要相談ですが。また、レコードシート持参の場合に限り、経験点10点までの持ち込みを許可します。眠っている経験点を使用するチャンスですよ!
    では、今回のシナリオ告知をば。

    ■今回予告
    プロジェクト・サロメ――
    それは羽根によって実現した悪夢。
    この世でもっとも醜悪な願いが産み落とした絶滅兵器。
    その禁忌を巡り、天界と魔界が熾烈な争奪戦を繰り広げる。
    互いの滅亡を願うエゴが、池袋の夜に血飛沫を散らす。
    すべてを失った少女がすがったのは、ひとりの吸血鬼だった。
    「こんな世界に、もういたくない。だから、いっしょに連れてって」
    細い首筋、甘い囁き、燃える本能――血の誘惑。
    「ねぇ、私の血……吸ってよ」

    『ビーストバインドトリニティ』
    「死にたがりのサロメ」

    心焦がすは魔の渇望(エゴ)、心繋ぐは人の絆。

    ●クイックスタート
    PC①:吸血姫(『BBT』P70)
    PC②:天の御使い(『BBT』P78)
    PC③:鬼神警官(『BBT』P84)
    PC④:幻想の乗り手(『BBT』P82)
    PC⑤:血塗られし魔剣(『BBT』P75)

    ●推奨カヴァー
    PCのカヴァーは以下を推奨する。
    PC①:指定なし
    PC②:指定なし
    PC③:死霊課の警官
    PC④:指定なし
    PC⑤:高校生

    ■《洗礼》の取得について
     本シナリオでは、PC①による洗礼がストーリー上の焦点となる。そのため、PC①に《洗礼》(『BBTD』P74)の取得を推奨してもよい。この際に、《洗礼》を取得できるだけの経験点を事前に与えてもよいだろう。その場合、取得した《洗礼》はセッション終了と共に失われる。
     また、PC①が《洗礼》を取得していない場合でも、ヒロインへの洗礼は出来るものとして扱う。この洗礼はあくまでシナリオ上の分岐であって、アーツではない。この場合、ヒロイン以外のキャラクターへの洗礼は行えない。

    ■ハンドアウト
    PCには以下のような設定がつく。
    PC①:池袋で暮らすヴァンパイアである
    PC②:降りた天使である
    PC③:死霊課の刑事である
    PC④:カトリーヌ・ユディットに雇われた半魔である
    PC⑤:まどかのクラスメイトである

    ●PC①用ハンドアウト
    絆:舞原まどか 関係:庇護
     吸血鬼の生は、常に孤独と共にある。しかし、近頃キミには新しい連れ合いができた。まどかはただの人間であるにも関わらず、魔獣としてのキミを恐怖しなかった。そればかりか、なにかとキミに付き纏ってくる。久しぶりの人のぬくもりは、どこかこそばゆく、心地よかった。彼女には、夜の世界と関わる事なく、平穏な人生を歩んで欲しい……キミは心底そう願っていた。しかし――。

    ●PC②用ハンドアウト
    絆:天使ネゲントロピー 関係:好敵手
     地球で暮らす天使であるキミに、天使長ミカエルの新たな指令が下った。メタトロンの密命を帯び、智天使ネゲントロピーが、密かに池袋へ降りたというのだ。
     その目的は不明だが、どうやら魔界ドミニオンと事を構えるつもりらしい。緊張緩和をすすめている天界と魔界の間で、戦端が開かれるような事が、あってはならない。
     破滅的な事態になる前に、状況を見極めなければ。

    ●PC③用ハンドアウト
    絆:サロメ 関係:疑惑
    警察庁死霊課の刑事であるキミのもとに、新たな事件が舞い込んできた。池袋本町で起きた夫婦惨殺事件。部屋全体を朱に染め上げる地獄の光景の中からは、おびただしい魔獣の瘴気が立ち上っていた。
     現場で残骸となっていたメイドロボの心魂機関には、被害者の末期の言葉が焼き付いていた。
    「サロメを守って」――機械仕掛けの唇がそう繰り返す。

    ●PC④用ハンドアウト
    絆:カトリーヌ・ユディット 関係:疑惑
     とある人間の娘を連れてきて来なさい。さすれば富と名声を約束しよう……カトリーヌ・ユディットは、魔物たちを前に、そう宣言した。その破格の報酬に惹かれ、誰も彼もが少女を探し始める。かくいうキミも、そうした魔物のひとりだ。しかし、同時にある疑念が頭を離れない。人間の子どもを相手に、こんなバカ騒ぎを始める理由とはなんだ。この街でなにが起きようとしているのだろう?

    ●PC⑤用ハンドアウト
    絆:舞原まどか 関係:友人
     キミは半魔である事を隠し、私立月影高校に通う高校生であり、クラスメイトの舞原まどかは、気のおけない友人だ。しかし、ここ数日、まどかは学校を休んでいる。
     そんな時、共通の友人である竜胆あかねが、キミに相談を持ちかけてきた。まどかは魔物事件に巻き込まれ、行方をくらませているというのだ……。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


× 2 = 十六

    • No Events
  • 6月 2017
    « 5月   7月 »
        1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30   
-->
PAGE TOP ↑